元探偵が日常をだらだらとテーマに沿って書き綴る。旅行記になるのか、体験記になるのか、それはこれからの秘密だ。


by atasakura

カテゴリ:雑記( 90 )

前回の続き

こんにちは。

それでは本日の日記です。

前回の続きね。

10万件のデータ入力を1人で1週間で行なえとか、どう考えても無理な作業。
だから、上司の藤本♀に伝えたけど、なんとかしてねの一点張りで話が通らない。
仕方ないから、納期をなんとかしてもらうために、取引先の担当者に電話したんですよ。

そしたらね。

「あれ?そんなにデータありましたか?100件くらいのデータ数なんですけど」

「え?10万件ではないんですか?」

「いやー。データそのものは10万件あるんですけど、必要なのは100件くらいだけなんですよね。だから残りのデータは入れないで構わないですとお伝えしてるんですが。。」

あ、あのアマ。

俺はこみ上げてくる怒りを抑えて藤本♀に報告。

「あ、そうなの。じゃやらなくていいから」と一言で終了させやがりました。
ムカムカするが、上司だし、俺は新人だからと気持ちを抑える。



この部署はみなさん定時で上がるのが基本のようですが
なぜか俺だけは定時で終わるような仕事が与えられません。
まるで嫌がらせのように、俺だけやたらと工数がかかる仕事を振られるのです。
おまけに、仕事の内容は工数が掛かる割りにはどうでもいいような仕事ばかり。

倉庫にある社内資料を整理して欲しいと言われて、倉庫に出向くと
過去20年分くらいの膨大な資料が存在していて、それを分類した上で
ファイリングをして欲しいとかぬかしやがりました。

確かに書類を整理して見やすいようにしておくのは大切だと思う。
だが、どう考えても使われる事がなさそうな書類をファイリングする意味はなんだ。
おまけに現在使用している倉庫から、
新たに使う事になる倉庫に書類を移せといいました。

藤本♀「うちも人手が足りないし、男は君だけだから。よろしくね」

俺「でも、100箱は軽くありますよ?」

藤本♀「へーき。へーき。期待してるからね。新人くん」

そういうと今日は露出が多めの服を着た藤本♀は帰りやがりました。

すでに時間は定時を回った7時。

俺1人でやんのかよ・・これ・・・・。

仕方ないので、せっせと朝方まで時間をかけてダンボールを運ぶ。

当然のように一睡もしていない俺には、朝日がまぶしすぎる。

藤本♀「おはよー」

部員「おはよーございまーす♪」

同じ部内のメンバーが出社してきた。

今日は仕事を終わらせて、とっとと帰ろう。

藤本♀「あ、今日は新人くんの歓迎会だから、帰らないでね。社長も来るからさー」

俺 は 帰 る 事 も 許 さ れ な い の か 。

眠い目をこすりながら、仕事を片付けていく。

その横では藤本♀が幸せそうに居眠りしてやがる。頼むから死んでくれ。

ようやく仕事も終わり、7時に会社を出ると、部内のみんなはハイテンション。
そりゃそうだろう、会社の金で好きに飲み食いが出来るんだし
俺はまるで空気のような扱いなんだろうから、歓迎会なんてただの口実だ。

好きに飲み食いをさせてもらおうと思っていたが、ここで事件が起きる事になるのである。


とここまで書いて終了してる。

昔から続きを書くのをすぐに辞めてたんだな・・・俺・・・orz

ちなみに、この後はホラーな展開になります。

部内に1人気弱な女の子がいて、飲みの席で俺とホテルに行けとか藤本♀に言われるんですよ。
俺はその子が可哀想ですから、当然のように断りましたけど、藤本♀が行けといいやがりました。
適当に行った事にしてすませましょうと俺は2人になってから、その子に言いましたが
行かないと何をされるか分からないと怯えちゃってましてね。

何をされてるんだか気になりましたが、あまり深く関わるわけにもいかず・・・。

俺と行かなかった事が発覚して、その子は何かを藤本♀にされたみたいで、
俺はその子に嫌がらせを受ける事になります。

怖いですよ。電話がかかってきて、電話に出ると無言。
これならさほどでもないんですが、歯軋りだけが聞こえてくるんです。ギリギリギリーって。

会社に出向いたら、俺の机が変な傷だらけになっていて
なんだろうと良くみたら、2センチくらいの大きさで「死」という文字が
机にびっしりと何かで彫り込んだみたいに書かれてたりとか。

最終的にその子は、一ヵ月後くらいにはいなくなりましたし
俺も辞めたので、その後の事は分かりませんが、どうなったんだろう。
[PR]
by atasakura | 2008-02-08 19:59 | 雑記
こんにちは。

日記を書くのを忘れていたので、過去に書いてアップしてないのを出します。
日記を書く時間が取れないから、続き物がかけません。
楽しみにしているみんなすまん。
もうこれ7年前くらいに書いた日記なんだよな・・・

というわけで
【社会人あたさん。 生命の危機編】

俺が社会人になり、2ヶ月で10数台のPCを破壊し
2000人分くらいのアンケートデータを消失させた会社を退職した後に
短期間ですが、とある企業に勤務していた事がありました。

そこはとんでもない会社だった。

まずは入社初日。

初めての転職なので緊張しながら、スーツで出社したんです。

社員数は30人くらいの規模の小さな会社でしたが、アットホームな雰囲気だよと
面接の時に言われていたので、いい人ばかりだといいんだけどと思ってました。

「おはようございます」

「新人くんね。これから配属先を案内するから」

そう言って俺を出迎えてくれたのは、人事部の女の人でした。
人事部長らしいのですが、年齢は20代半ばくらいで、綺麗な感じの人。
「とりあえず配属先はうちだから」といわれて案内されたのは
5人くらいの社員が働く部屋の隅にあるスペースでした。

俺の仕事は人事と聞いていたので、その綺麗な人が上司という事になります。
なにせ小さな会社ですから、人事兼総務兼経理みたいな感じなんですよ。
おまけに5人とも全員が女性社員で、これはまさしくハーレム状態。

俺にもとうとう運が向いてきたか。

それも最強の幸運がな!


ごめん。みんな、そろそろ結婚するからな。ひゃっほう!

少し浮かれすぎたが、話を戻そうか。

「見て分かると思うけど、うちは小さな会社だから、新人くんでも即戦力として働いてもらう必要があるんだけど、分かるかな?」

「はい」

「そう。じゃ、とりあえずこの仕事をお願い」

そう言われて俺に振られた仕事は社員DBの作成でした。

「君は、前の会社でPGしてたんだよね?それならばDB作れるでしょ?」

「はい。ただし、それほど色々してたわけではないので、使えるソフトウェアは限られますけども」

「Accessは使った事がある?」

「あります」

「それなら話は早いよね。AccessでDBを作ってね。
それと登録する社員データは後で渡すから、それをすべてDBに登録した上で、私に報告して」

「わかりました」

Accessなら触った事はあるし、DB構築くらいなら難しくはなさそう。
外部からの受注の仕事なので、人事の仕事じゃない気もするけど小さい会社だしね。
とりあえず元になる社員データを見ない事には構築が出来ないので
社員データを人事部長(以下:藤本♀)に要求する事にしました。

まずは仕様を固めて、それから作成に入ろうと思ってね。

そしたらさ。

「元データはこれだから」

と藤本♀が俺に社員データを紙で渡してくれたんですよ。

名前や連絡先、住所、社員コード、部門コードなどが記載されているだけの簡単なもの。
構築に対して時間がかからんわと思ったら、藤本♀が一言。

「あ、10万人分のデータがあるから、ちゃんと入力しないとダメだからね。」

は、はいぃぃ???

オイオイ。マテヨ。10万人分のデータってどういう事だよ。

いや、落ち着け。データが何件あろうが、構築したDBに取り込めばいいだけの話だ。


「分かりました。データ形式はCSVですか?dbfですか?それとも他の・・」

「難しい事を言われても分からないんだよね。とりあえず紙しかないから」


いやぁぁぁっぁぁぁぁあっぁぁぁぁ(泣)


ありえない。ありえないだろ。

10万人分のデータを1日で手入力とか無理だろ。

部長職についてながら、そんな事も気付かないのかよ。

俺が軽く睨んでるのを交わして、ボンジュールとかフランス語の練習してんじゃねぇ。

他の先輩部員たちを見回しても・・・・みんな暇そう。

本(漫画)を読んでるヤツもいれば、爪の手入れしてたり
ネットでヤフオクしてたり、お菓子を食ってたり、どんな部署だよ。

コイツラに手伝ってもらおうと思って、藤本♀に言ってみました。

「あの、今日中に1人で仕上げるというのは難しい気がします。だから、先輩達に手伝ってもらっていいですか?」

「新人とはいえ、最初から甘えるのはダメだよね。それじゃ、これから先も使えないよ」

「しかし、10万件を1日で1人で入力するのは、ちょっと無理が・・・」

「君は前の会社でプログラマーしてたんでしょ?ちゃちゃっと出来ないの?」

誰かコイツにプログラムとは何かを教えてやってくれ。

「無理です。さすがに紙からデータは起こせませんし」

「困ったなぁ・・・新人くんが1日でやれると言ってると社長に言っちゃったけど」

ふ ざ け ん な 。

「いやー・・・さすがに10万件はちょっと」

「そしたら業務命令ね。期間を少し延ばしてあげるから1人でやり遂げて。先輩たち忙しいし」


「どれくらい伸ばせますか?」


「納期は1週間後だから、それまでに終わればいいんじゃない?」


死 亡 フ ラ グ が 立 ち ま し た 。


次回に続く(というかすでに書いてあるけど)
[PR]
by atasakura | 2008-02-06 19:27 | 雑記

逃走中レポート

まずはオフ会のお話。

先日募集したオフですが、定員の8名に達しましたので
これにて募集は締め切りとさせていただきます。

当初は定員を定めておらず、
参加予測の人数より多めでお店の予約をしたのですが
気が着いたら、多めに予約したお店の
人数分きっちりと埋まってしまったのです。
今回参加を表明された方々ありがとうございました。

ちなみに今回の参加者は【女性5名、男性3名】となります。
女性の割合が高いので、
初めてのオフ参加になる女性も来やすいと思います。

それでは当日にお会い出来るのを楽しみにしています。
何か分からない事がありましたら、
下記のアドレスまで遠慮なく連絡をください。

aibon_angel@hotmail.com ←これです。

だいぶ前に参加した事のあるオフ会の話。

この日は以前より参加が決まっていたイベント【逃走中】実施の日。

クロノスという番組で行なわれている企画なのですが
実際にオフで企画されると知り、すぐに参加を決定。

だが、しかし。

参加を決定してから、ある事に気付いた。

そういえば俺は脚が遅いんですけど。

これ致命的。鬼ごっこなのに足が遅いとか致命的。

でもね。負けたくないの。

ならばと生来の負けず嫌いな性格が災いして、
事前に開催場所を下見しておく事にしました。
隠れ家もを複数確保する事ができて、これで大丈夫だと思ってたのに、
当日にその辺はすべて禁止エリアに指定されてんの。

ダメ探偵バンザイ。

世の中そんなに甘くありませんでした。

仕方ないので、後は運を天に任せて当日を迎える。
逃走者は色付きのビブスを着て、
不思議なカードを渡されて開始時間前に逃走を開始。
俺が着たビブスはオレンジ色でしたが、これがまたすごく目立つんです。
オレンジ色の服を着た人は少ないですから、遠くから見ても、すぐに分かる感じ。

足が遅い、おまけに目立つ。
負け組な匂いがぷんぷんしますが、この際だから気にしない。

おまけに渡されたカードには赤枠で【逃走中】と書かれてる。
なんだろこれ。
もしかしたら、ハンターに捕まりそうな時に、
これを使うと逃げられるとかあるのかな。
ま、いいか、考えてもわかんないし。

23名の逃走者を5名のハンターが追跡してくる今回の企画。
舞台となる公園はA~Dの4つのエリアに分けられていて、
俺はとりあえず本部のあるDエリアより、
一番遠いCエリアに逃げる事にした。
ヘタレなので、大胆な行動は出来ません。

みんな同じような事を考えたのか、Cエリアには逃走者がちらほら。

Cエリアを開始時間までふら付いて、隠れられそうな石碑を発見。
その裏に隠れてハンターをやり過ごす事にしました。
ところがさ、その石碑が道路にやや面した場所にあるため
通行人が不思議そうに俺とか、他の隠れてる人たちを見てるんです。

「イカれた集団がいるよ、ママ」

「しっ。見ちゃいけません」

とかそんな声が聞こえてきそうな雰囲気。

君はMだから嬉しいだろ?とか思ってるかもしれないが、そんな事はないんだぞ。



ごめん、実は少し嬉しい。



最初の10分くらいは平和で、携帯で暇つぶししてたんだけど
メールで最初の【確保情報】が飛んでくる。
確保情報が俺のCエリアより、遠い場所でしたので少し安心。

普段は追う仕事をしてたわけですから、
追われる側の気持ちが分からなかったんだよね。
でも、この時に始めて分かりましたよ。
追われてる事を理解したまま追われるというのは本当に怖いなと。

どこから来るか分からないから、少しの物音にも反応しちゃうし。

犯罪犯して逃げ回る人の気持ちも、こんな感じなんだろうか。
とりあえず、Cエリアにはハンターはいないようでしたので
安心して一眠りしようとしたら、ミッションメールが届く。

※要約
「他の逃走者が持つカードと自分が所持するカードを交換し、
そして指定されたエリアにいるスタッフに提示すること。
ただし、交換するカードは自分が所持しているカードと違うカードであること」

安心して隠れてる訳にもいかないってことね。

他の逃走者も同じ事を考えたみたいで、その辺を走り回ってる。

どうすっぺかと隠れ場所で周囲を見渡すと、
すぐ目先に他の逃走者がいた。

おまけに自分とカードが違うし、すぐに交換すると、これまた運の良い事に
指定されたエリアがすぐ側なため、ミッションをすぐにクリア。
強制失格は免れるも、カードの裏にかかれてた言葉の意味はなんだろう。

再び隠れ場所に戻り、カードを交換した人や
合流した別の人らと会話しながら時間潰し。
その間にも「密告忍者」やら「裏切り者」が放たれたり、
逃走者も次々と確保されてた。
近くをハンターが逃走者を追う場面を見たりして、恐怖に怯えながら隠れる。

だけど、俺の方には来ないので、安心していたら、
ハンターに追われた逃走者が
偶然にも俺の隠れていた場所付近を通り過ぎたため、気付かれて同時に追われる。

途中で二手に分かれて逃げたら、俺を追いかけてくる。

な、なんでよぉぉぉぉ。

必死で振り切り、とぼとぼと道を歩くも、
再び先ほどのハンターが追いかけてきた。
振り切ることに成功するも、体力も無くなり、もうダメかも。
オヤジに連続ダッシュはキツイ。
歩きながら無事にもとの隠れ家に戻り、そこで休憩。

この時点で40分が経過し、残り参加者は【16名】

再び新たなミッションが逃走者に放たれる。

※要約
「新たに5人ハンター追加するから、嫌ならハンターを封印してね」

ハンター追加されるのは痛いけど、誰かにお任せしようとか思ってたのに
一緒に隠れていた人の「阻止したら、カッコイイよね」の一言に負けて
ハンターを一体だけ封印する事に成功した。

体力もなくなりかけているので、再び石碑の元で休む。
この間にも時間は刻々とすぎて、残り30分を切った。
もしかして優勝できるかもとか、そんな考えが頭をよぎる。
しかし、そこでまたしてもミッションメールが届く。

※要約
「本部のあるDエリアまで、残り10分までに来ないと失格にしちゃう」

マジすか。
Cエリアから、Dエリアは一番遠い距離で、
ハンターは追加分を含めて8人いる。
さらに、この時点で逃走者は【8人】しかいない。

一緒に隠れていた2人と相談して
Dエリアまで、中央にあるBエリアを通過して行く事に決める。
3人いればなんとかなるだろとか、他の人を囮にして逃げようとか
悪い事を考えていましたが、そこは胸の中だけにしまっておく。みんなすまん。

でも、そんな事を考えていたせいでしょうか。

Bエリア手前でハンターに発見され、分散して逃げたのに、
俺だけ追われてDエリアから、さらに遠く離れる事になる展開になった。

残り時間はわずか20分あまり。

普通に行けば、10分でたどり着くけど、見通しが良い場所で
ハンターに見付かりやすい大通りを通らないとDエリアに行けない。
戻れば、また先ほどのハンターがいるかもしれないしね。

というわけで、大通りを隠れながら、トボトボと歩き、Dエリアに到達。
たぶんこの時は挙動不審な行動をしていた気がするので、
一般人の人すいません。
知らない男の子のアイスを落としてしまい、弁償してあげたのは俺です。
ごめんよぅ。

この間にも、一緒に隠れていた1人が確保され、残り【7人】

時計を見ると、残り10分だし、なんとか逃げ切れるかもと思った瞬間に
背後にハンターを発見して、慌てて森の中を逃げるも、
別のハンターが横から登場。
逃げて逃げて、森を抜けるが、道路に出たら、
目の前からも別のハンターが元気良く走ってくる。

もう無理。3人から逃げ切るとか無理。

諦めて、俺はそこで確保されました。

結局は3名が無事に逃げ切り、優勝をしてました。
一緒に隠れていたもう1人の人や、最初に行動してた人など
自分が関わっていた人が優勝して、ちょっぴり悔しい。

しかし、面白かった。

次回こそ優勝目指して、メタボ脱出しようと思います。


次回が無かった事をここに記す。
[PR]
by atasakura | 2008-02-04 07:05 | 雑記

ちょっとした雑記。

なかなか日記を書けなくてすいません。

最近ちょっと気になること。


1.家に帰ると、アパート前で誰かを待ち伏せしてるストーカーがいる。

2.隣の夫婦がケンカする度に、部屋の前に女性モノのパンツが捨てられている

3.隣に住んでいた黒魔術好きな女の子がキリスト教に改宗していたこと。

4.アパートの前に、○○くん大好き(2F住人)と書かれた男からのラブレターが落ちていたこと

5.またしてもアパート住人が飼育していたサソリが逃げ出したこと。


さ、今日もそろそろ帰って、勉強しますかね。
[PR]
by atasakura | 2008-01-31 23:04 | 雑記

オフ会正式決定!!!

オフ会を正式にやる事に決めました。

2/9(土)
18:00~(時間は変更する可能性あり)

東京の新宿にて開催をいたします。
内容は飲み会か、お食事会にします。
費用は4000円以内には納める予定です。

参加を表明される方は、こちらのアドレスに
件名に「参加」と書いた上で、自分の「連絡先」を記入して送ってください。
aibon_angel@hotmail.com

送ってくれた方には返信で、俺の連絡先(電話番号)をお送りします。

よろしくお願いします。
[PR]
by atasakura | 2008-01-26 11:41 | 雑記

お、オフ会

とか開催したら来る人はいますかね・・・?

うちのサイトも見てる人がだいぶ減ったと思うので
さすがに来る人はいないかもしれませんが・・・(´Д`;)

開催したら、参加してもいいかなと思う人は手を挙げてっ。





それとは別件で、本日は痴漢を捕まえました。

最近はなんか色んな意味で病んでますね・・・日本は。
[PR]
by atasakura | 2008-01-22 22:33 | 雑記

他社の受付のお姉さん。

男と女が神妙な面持ちで並んで歩く。

途中で女は立ち止まり、考え込む。

そして何かを決心したかのように言葉をつむぎ出す。

「大好きなの」

そう言いながら、女は男の背中に抱きつく。

「えっ・・急にそんな事を言われても」

動揺する男。

「駄目。あなたなしじゃ生きていけないのっっ・・・・」

「こ、困るよ」

事情があるのか、言葉に詰る男。

「既婚者でも構わない。二番目でもいいから・・・」

男が優しく諭すように呟く。













「あなたの連れは俺の前を歩いてるんですけど・・・」


1時間ほど前の会社前での白昼の出来事。

大勢の人に無駄に注目を浴びてしまった俺。

頼むから相手を確かめてから、抱きついてください。

ちなみに相手の男の人は、女が立ち止まった事に気づかず
すたすたと俺の前を歩いておりましたよ。

てか、抱きついた時点で気付いてくれ。





おかげで、社内で「不倫はほどほどに」とかいう忠告メールが着ちゃったじゃないか。
不倫どころか、その前に彼女がいねぇぇぇぇぇぇ(号泣)

応援メールはこちら。もらえると励みになります。メッセも同じ aibon_angel@hotmail.com
[PR]
by atasakura | 2008-01-16 22:56 | 雑記
そういえば最近は実家に帰ってません。

両親に会わねばと思いながらも、なかなか帰省するチャンスがない。
帰らないといけない理由があるわけじゃないから
4~5年くらいは放置していても構わない気もするんですけどね。

そんな父から、俺に連絡が来たのです。

また何か俺へのイタズラかと思いましたが
封筒ですので、イタズラするような物が入ってるようには見えません。
なんだろうと思いながら、開封すると、中には便箋が一枚。

そこには、03で始まる見た事がない番号が書かれている。

同封された便箋には、お前にプレゼント。そこにかけてみろと書いてある。




ふっ。騙されないぜ。オヤジ。




どうせその番号にかけたら、またとんでもない事が起きるんだろ?


あの人の事だから、そんなイタズラに決まってる。



俺は引っかかる事もなく、その番号を放置。

フハハ。騙されないぜ。


そして、そんなイタズラがあった事も忘れた1ヵ月後。


再び父から連絡があった。

「お前に女の子紹介しようと思って送った電話番・・・」



il||li_| ̄|○ il||li

こうやって非モテはチャンスを潰していくんだなと知った。27の夏。



「誰か切なくなれるオススメの小説を教えてください。」
[PR]
by atasakura | 2008-01-15 21:38 | 雑記

タイムマシン①

自分の恋人すら、大切にできないような人間が
誰かを守るとか、簡単に言うんじゃない!















こんな言葉が俺の小学1年の時の日記に書いてあった。

何があったんだ・・・小学1年生の俺。
[PR]
by atasakura | 2007-12-27 07:07 | 雑記
こんにちは。

今日は報告形式の日記です。
まずは本日のミドレンジャイ探索イベントですが
個人的な事情で、実施が不可能になりました・・・・。
楽しみにしていた人は本当に申し訳ない。

それと女結婚詐欺師の続報です。
こちらは、俺の動きを察知したのでしょうか。
クリスマス近辺で仕掛けてくるのではと思っておりましたが
急に日にちを延ばしまして、少し先になってしまいました。
気付かれたのかなー・・・・。そんな事はないはずと思いたい。

そして、クリスマスイブの日は我が家の隣に泥棒が入ったらしく大騒ぎでした。
なんでも金目の物には、まったく手を付けずに
とても恥ずかしいコレクションを盗まれたらしくて
隣の夫婦は、ものすごくがっかりしておりました。

まぁ、あれ盗む人がいるとは思わないだろうな・・というより確実に隣夫婦の知人の仕業な予感。

そしてクリスマスイブといえば悲喜こもごも。

最寄り駅前で、イブ当日に彼女に捨てられたらしい30過ぎの男が
号泣しながら「捨てないでくれぇぇぇ!」と絶叫をしておりました。
女の子にすがりつきながら泣いていて、かなり注目を浴びておりました。

しかし、どー見ても、その女の子が中学生くらいなんだよな・・・

親子かと思いましたが、どうやら違ったもようで、ロリコンか、あれは。
[PR]
by atasakura | 2007-12-26 00:01 | 雑記