元探偵が日常をだらだらとテーマに沿って書き綴る。旅行記になるのか、体験記になるのか、それはこれからの秘密だ。


by atasakura

【社会人あたさん。 生命の危機編】

こんにちは。

日記を書くのを忘れていたので、過去に書いてアップしてないのを出します。
日記を書く時間が取れないから、続き物がかけません。
楽しみにしているみんなすまん。
もうこれ7年前くらいに書いた日記なんだよな・・・

というわけで
【社会人あたさん。 生命の危機編】

俺が社会人になり、2ヶ月で10数台のPCを破壊し
2000人分くらいのアンケートデータを消失させた会社を退職した後に
短期間ですが、とある企業に勤務していた事がありました。

そこはとんでもない会社だった。

まずは入社初日。

初めての転職なので緊張しながら、スーツで出社したんです。

社員数は30人くらいの規模の小さな会社でしたが、アットホームな雰囲気だよと
面接の時に言われていたので、いい人ばかりだといいんだけどと思ってました。

「おはようございます」

「新人くんね。これから配属先を案内するから」

そう言って俺を出迎えてくれたのは、人事部の女の人でした。
人事部長らしいのですが、年齢は20代半ばくらいで、綺麗な感じの人。
「とりあえず配属先はうちだから」といわれて案内されたのは
5人くらいの社員が働く部屋の隅にあるスペースでした。

俺の仕事は人事と聞いていたので、その綺麗な人が上司という事になります。
なにせ小さな会社ですから、人事兼総務兼経理みたいな感じなんですよ。
おまけに5人とも全員が女性社員で、これはまさしくハーレム状態。

俺にもとうとう運が向いてきたか。

それも最強の幸運がな!


ごめん。みんな、そろそろ結婚するからな。ひゃっほう!

少し浮かれすぎたが、話を戻そうか。

「見て分かると思うけど、うちは小さな会社だから、新人くんでも即戦力として働いてもらう必要があるんだけど、分かるかな?」

「はい」

「そう。じゃ、とりあえずこの仕事をお願い」

そう言われて俺に振られた仕事は社員DBの作成でした。

「君は、前の会社でPGしてたんだよね?それならばDB作れるでしょ?」

「はい。ただし、それほど色々してたわけではないので、使えるソフトウェアは限られますけども」

「Accessは使った事がある?」

「あります」

「それなら話は早いよね。AccessでDBを作ってね。
それと登録する社員データは後で渡すから、それをすべてDBに登録した上で、私に報告して」

「わかりました」

Accessなら触った事はあるし、DB構築くらいなら難しくはなさそう。
外部からの受注の仕事なので、人事の仕事じゃない気もするけど小さい会社だしね。
とりあえず元になる社員データを見ない事には構築が出来ないので
社員データを人事部長(以下:藤本♀)に要求する事にしました。

まずは仕様を固めて、それから作成に入ろうと思ってね。

そしたらさ。

「元データはこれだから」

と藤本♀が俺に社員データを紙で渡してくれたんですよ。

名前や連絡先、住所、社員コード、部門コードなどが記載されているだけの簡単なもの。
構築に対して時間がかからんわと思ったら、藤本♀が一言。

「あ、10万人分のデータがあるから、ちゃんと入力しないとダメだからね。」

は、はいぃぃ???

オイオイ。マテヨ。10万人分のデータってどういう事だよ。

いや、落ち着け。データが何件あろうが、構築したDBに取り込めばいいだけの話だ。


「分かりました。データ形式はCSVですか?dbfですか?それとも他の・・」

「難しい事を言われても分からないんだよね。とりあえず紙しかないから」


いやぁぁぁっぁぁぁぁあっぁぁぁぁ(泣)


ありえない。ありえないだろ。

10万人分のデータを1日で手入力とか無理だろ。

部長職についてながら、そんな事も気付かないのかよ。

俺が軽く睨んでるのを交わして、ボンジュールとかフランス語の練習してんじゃねぇ。

他の先輩部員たちを見回しても・・・・みんな暇そう。

本(漫画)を読んでるヤツもいれば、爪の手入れしてたり
ネットでヤフオクしてたり、お菓子を食ってたり、どんな部署だよ。

コイツラに手伝ってもらおうと思って、藤本♀に言ってみました。

「あの、今日中に1人で仕上げるというのは難しい気がします。だから、先輩達に手伝ってもらっていいですか?」

「新人とはいえ、最初から甘えるのはダメだよね。それじゃ、これから先も使えないよ」

「しかし、10万件を1日で1人で入力するのは、ちょっと無理が・・・」

「君は前の会社でプログラマーしてたんでしょ?ちゃちゃっと出来ないの?」

誰かコイツにプログラムとは何かを教えてやってくれ。

「無理です。さすがに紙からデータは起こせませんし」

「困ったなぁ・・・新人くんが1日でやれると言ってると社長に言っちゃったけど」

ふ ざ け ん な 。

「いやー・・・さすがに10万件はちょっと」

「そしたら業務命令ね。期間を少し延ばしてあげるから1人でやり遂げて。先輩たち忙しいし」


「どれくらい伸ばせますか?」


「納期は1週間後だから、それまでに終わればいいんじゃない?」


死 亡 フ ラ グ が 立 ち ま し た 。


次回に続く(というかすでに書いてあるけど)
[PR]
by atasakura | 2008-02-06 19:27 | 雑記