星に帰れとあの子が叫ぶ

こんにちわ。

最近はますます忙しくて日記を書く暇もコメントもレスも出来てない。
あぁぁぁ・・・みなさん、おいらを見捨てないでぇぇぇぇぇ・・・(ぇーぇーぇー)
時間が出来たら、頑張りますからぁぁぁぁぁ(エコー・・・・エコー・・)

先日の事なんですけど、久しぶりにMちゃん(♀)にお会いしたんです。
前回お会いしたのが1年くらい前ですから、
ずいぶんと久しぶりなわけですよ。
たぶん、うちの日記を最近読み始めた方には
「だれ?」となるかもしれませんが
過去の日記には、何度となく登場してきた
伝説の女の子でございます。

・スタイル抜群
・頭脳明晰(語学も堪能)
・容姿端麗
・キャリアウーマンなうえ、実家もお金持ち
・性格良し

これだけそろえば、もう嫌味としか言いようがないのですが
そこは人間ですから、やはり欠点とかもあるわけです。
性格は基本的には優しいのですが、人格が歪んで(略)


「仕事の後にどこで待ちあわせする?」と聞くと


「んー。上野動物園のフラミンゴの檻の前がいい」とか
よく分からない事を発言してしまう子なのです。

入園した挙句に何も見ないで帰るつわもの。

ディズニーシーに誘われたと思いきや、ビール5杯飲んだら帰る子。

お台場のデートスポットの海辺で、1人どらえもんを読む子。

こんなのはジャブにしか過ぎませんが、
後は過去日記を参照してください。
もう語りつくせないくらいに、個性豊かな子なので。

今回のお誘いは何が目的かというとこれでした。
























「彼氏の作り方を教えてくれ」




なぜ俺に聞くのですか?





普通は女の子に聞くんじゃないかと思ったのですが
なぜか俺にヒアリングをしてみたいと抜かすのです。
この子が彼氏が欲しいとか思うようになったのかしらと
気になったのですが、どうやらそうではないらしく、
社内の女子社員に相談をされたらしいのですな。


聞かれた所で、俺が彼氏を作る方法なんて知るわけがありません。


俺に出来る事といえば、応援するくらいしか出来ません。

なので、



俺愛用のこのマスクをかぶり
a0101563_1215177.jpg





















こんな風に応援してみました。
a0101563_121511.jpg


※ イメージ画像です。

そのまま星に帰れとか冷たい言葉を吐かれたのは
あえて聞かなかった事にしておきたいと思います。
[PR]
by atasakura | 2007-04-18 12:16 | 珍体験