元探偵が日常をだらだらとテーマに沿って書き綴る。旅行記になるのか、体験記になるのか、それはこれからの秘密だ。


by atasakura

変質者1号

最近は毎晩のように帰りが午前様なわけで、先日の仕事の帰り道の時のこと。
自宅近くの路地の曲がり角を通りかかったら暗がりの中に猫がいたんです。
しかも、自分が普段構ってあげている黒猫でしたから
小首をかしげて「にゃんにゃんにゃ~♪」と猫語で挨拶したんですよ。
そしたら、曲がり角のかげに、上の部屋に住んでいる若い女の子が怯えた顔で立ってました。

「ちょ、誤解で」と言ったが、ダッシュで走って逃げられた。死にたい。

そのせいか最近はパトカーのサイレン音が聞こえるたびにビクっとしてる。


ちなみに、その子が先日干していたと思われる下着が俺の部屋の前に落ちていたので
拾って返してあげようと思って、手に取ったら、その現場をその子に目撃されました。
ちょうど拾いに来てたみたいで、またもやダッシュで逃げられました。

軽く死ねる。
[PR]
# by atasakura | 2008-06-13 20:38
こんにちは。

今日は奄美大島旅行記でも書いてみます。
いつまで続くかわかりませんが、出来るだけ手短に。

ふとした事から、奄美大島へ女性と2人で出向く事になったわけですが
ここだけ聞けば美味しい話に聞こえる気がするでしょう?

甘い。

そんなに甘い展開が、この世にあるわけがない。
イケメンならぬ逝けメンには、女性と旅するなど辞書に存在しないのです。
女性と2人きりで旅行だなんて、神話の世界にしか存在しないし。

じゃ、この人は誰なんだという疑問がありますので簡単に説明しましょう。

俺がとある仕事をちゃんとこなすかどうか
お目付け役として、付けられた女性なのです。
要は俺の監視役ですね。恐ろしい。

監視が付く仕事とは、どんな仕事やねんという話です。

それはともかく、4日間の仕事の間に、この女性(以下:秘書D)は、
俺と行動を共にする事になったのです。

俺「奄美とかいかれた事はありますか?」

秘書D「ありません」

俺「楽しみですねぇ」

秘書D「仕事だから楽しみも何もありません」

なんか反応が冷たい。
仕事といえど、まだ見ぬ土地に出向けば旅行気分で
俺は楽しくて仕方がないのですが、そうではない人もいるらしい。

なかなか可愛い秘書Dに今度こそ恋の天使が舞い降りた気分になるが
それも脳内妄想で楽しむだけにとどめておくべきなわけで、何も起きるはずがない。

俺「彼氏とかいますか?」

顔をしかめながら答える。

秘書D「答える必要性はありますか」

俺、撃沈。

秘書D「噂には聞いてますが、トラブルメーカーなんですってね」

俺「へぇ。どこからそんな噂を」

秘書D「今回のクライアントからです」

どうやら、前回のお仕事で色々と俺がしでかした事を根にもたれているようで。

秘書D「あなたと行動を共にすると、色々とトラブルが舞い込んでくると聞いてますけど?」

俺「気のせいだと思いますよ」

・・・・・・・・・・あ、あながち外れてない。

えぇ。


トラブルは、次々と舞い込んでくるものです。なぜかな。

出発初日の天気予報。
前日まで快晴だった奄美大島。
なのに俺の出発日から、遅れていた入梅に入る。

秘書D「・・・・・さっそくですか」

俺「お、俺のせいじゃないと思うよ。うん」

トラブルはまだまだ続く。

機内で前の座席の客同士がモメだして、秘書Dの服がびしょ濡れになる。
そのトラブルのせいで、飛行機の到着時刻が30分以上遅れ、
ようやく奄美に着いたと思いきや、快晴が急にどしゃぶりになる。
乗るはずだったバスは、飛行機の遅れにより、すでに出発しており
次のバスは約3時間後にならないと来ないと、インフォメーションで教えられる。

俺「じゃ、じゃぁ、歩いていきましょうか。目的地まで、それほど遠くないんですよね?」

秘書D「荷物を抱えたまま10kmも歩けと?」

ほほを冷たい汗が零れ落ちる。ここは南国なのに。

俺「仕方ないから、タクシーで行きますか」

秘書D「そうね」

少し疲れた顔をしていますけど、大丈夫でしょうか。
まだ仕事も始まっていないというのに。

ところがタクシーが来ない。

なぜだと思い連絡してみると、途中でそのタクシーが交通事故を起こしたらしく来ない。

秘書D「来るんじゃなかった・・・」

秘書Dの暗く沈んだ顔を見ながら、嫌な予感がよぎるあたさんであった。

続くかもしんない。
[PR]
# by atasakura | 2008-06-04 23:09 | 旅行

プレゼント企画

こんにちは。

それでは奄美大島へ行ってきたプレゼント企画を発動します。

プレゼント自体は大したものじゃありません。
普通に旅行に行けば、現地で売ってるようなお菓子なんかです。

そんなのでよければ、もらってやってください。
ものすごく期待してた人たちはすまぬっ。

当選した人で、そんなものはいらんぜという人は
こっそりメールで「やっぱいらなーい」と連絡くださいな。

今回のプレゼントは以下の商品です。

1.パパイヤ漬
2.アオサラーメン
3.奄美カレー(中辛)
4.恋がしたくなる飴(Hがしたくなる飴は直前で売り切れた・・・) 
5.奄美レンジャー セット(ストラップ) ←ミドレンジャイの仲間です。

4番辺りから、ネタ臭くなりますが、そこは気にしないでください。
また他のプレゼントも食べてないので、味は保証しません。(ごめん)

なお、様々な場所で募集をかけているので、こちらでは当選者がでない可能性もあります。
[PR]
# by atasakura | 2008-05-30 06:58 | 雑記

遠い異国の地から。


こんにちは。

意外とハンガリーの空は寒いです。

来月はリトアニアでしょうか。

と、なんのことか分からない人はスルーしてやってください。

あまり時間もないので、手短に日記を書きます。

2ヶ月くらい前に、とある高名な霊能力者の方とお会いしてきました。
普段なら、俺がお会い出来るような人ではないらしいのですが
昔の仕事のコネと弱みをちらつかせて、権力者の人にお願いしてみました。

そんな高名な霊能力者とやらに会って、何がしたいのか。

それはね。自分の運勢とやらを見て欲しかったのです。


考えても見てください。


日記を書き始めて、4年以上もモテない、モテないと書き続けてきたわけです。
あまりのモテないアピールに誰か同情して
彼女の1人くらい出来るのではと考えたのですが、世間はそんなに甘くありませんでした。

いまだに彼女が出来ません。
友達と認識している女の子達から連絡すらな・・・い・・・・(致命傷)
女友達がいるだけいいじゃないかという声もあります。

だがしかし。

女友達がいるから余計に生殺しな気がするのです。

ま、カップルなんて存在は俺には都市伝説どころか、いにしえの神物語なんだろうけど _| ̄|○

どうしたら、彼女が出来るんだい?と友達に聞いたら
「え?普通に生きてれば出来るんじゃないの?」と
すでに人生すら否定された感がしてなりません。

だから、何か悪いモノでも俺に取り付いてるのではと
ネタ半分に霊能力者とやらに会ってみたのです。


では、以下のやりとりをどうぞ(簡略化してます)

俺「すいません。なぜ俺は女性に縁がないのでしょうか」

霊「鏡を見なさい。そこにすべての答えがある


テメェ。


そんな事は改めて言われなくても分かってる。
俺が不細工なのは分かってはいる。
だけど、世の中には、イケメンじゃなくブサメンなのに
可愛い子を捕まえたり、彼女がいたりする人もいるでしょう。

その人たちと俺の違いを調べてほしいんだ。こっちは。

俺「やはりこれは人間性の問題なのでしょうか」

最後はそこに来るのかもしれませんが、
人間的に劣っているとか言われると
それはそれで激しく凹むものがあるわけですから、
ここは何を言われても平気なように歯を食いしばる必要がある。

すると霊能力者はめんどくさそうにこう答えました。

霊「なんかね。変な霊が憑いてるよ。300年くらい前に女性にモテずに神田川に身投げした男の霊が」

俺「え?マジすか」

霊「本当です。どうやら、それはあなたの先祖ですね。間違いない」

俺「ということは、その霊を払えば俺もモテるんですね?」

霊「そうですね。劇的にモテるとは限らないけど、彼女くらいは出来ると思います」

俺「じゃ、お祓いしてくださいよ」

霊「私では無理です。かなり強い怨念だから」

俺「じゃ、どうすれば?」

霊「ハンガリーにいる、○○を尋ねてお祓いしてもらえば大丈夫。紹介状を書くから」

俺「ハンガリー・・・遠いなー」

というわけで、ハンガリーに行ってきます。

なんて漫画みたいな展開になるはずもなく、別件でハンガリーにいたりする。

普通に仕事で来てるだけです。ほ、ホントなんだからねっ!

彼女欲しいからじゃないんだからぁぁぁぁぁぁ。
[PR]
# by atasakura | 2008-05-18 13:41 | 旅行

募集!

何か企画を募集します。

こんな事を調べて欲しい。

または、こんな事をやって欲しい


そんな事があれば、遠慮なくどうぞ。






久し振りに身体を張って、企画をこなして来たいと思います。

まだまだ若いモノには負けないぜ。うへへ。
[PR]
# by atasakura | 2008-05-12 23:27 | 雑記