元探偵が日常をだらだらとテーマに沿って書き綴る。旅行記になるのか、体験記になるのか、それはこれからの秘密だ。


by atasakura

久しぶりの日記

オフの募集ですが、誰も応募がありません。
うーむ・・・見てる人が少ない証拠ですのぅ。

今週中に応募がなければ、今回は中止にします。

あー、やばい。

前に書いた箱の続きが書けてない。
続きは書くのが大変そうなので、
結論だけどネタバレだけしておくか。


終わりがどうなるのか気になるままだとあれでしょうし。






【以下ネタバレ】










2度目に見た箱の中身はしわしわになった干物みたいのが
数珠繋ぎで4つくらい繋がれて入っておりました。
話によると人間の舌らしいんですけど。

見た感じでは、ただの干物にしか見えません。

どーやら曰くつきの物のようで、かなり高額で取引されたものらしい。

あまり深く入り込むとヤバそうなので
詳しくは聞きませんでしたが、今となれば聞いておけばよかったな。

でも、最初に開けた時は入ってなかったのになぁ。

なんだったんだろ。




【ここまでネタバレ】





そして、ここからが本日の日記。


先ほどおいらの地元で、「恋空」とやらの撮影をしておりました。
主演の女優さんが着ており、なかなか可愛いではないかと
ガン見していたら、さらりと視線をはずされました。

俺に恋したに違いない。妄想バンザイ。

そんな様子がカメラに写されていたので、
テレビに映りこんでしまったようです。


それはともかくとして、先日の事なんだけど
仕事の合間に休憩してたんですよ。
タバコ吸う人は喫煙所とかで休憩するんだけど、
俺は吸いませんので
一人で、共有のオフィススペースで休んでたんですわ。

すると、そこに下のフロアの会社の女性社員が来ましてね。
5人組くらいでキャイキャイ楽しそうに話を始めたんです。
すると、その中の一人が、
「なんかさー。秋だし恋したくなる季節だよねー」
とか言いはじめましてね。
「だよねー。あー。彼氏欲しい」とか言っちゃってるわけです。
「でも、社内じゃ良い男いなくない?」
「本当だよね」

とかそんな会話が繰り広げられておりました。
静かに休憩してたいのに、少しウルサイなぁと思ってたら

「あたさん!」と声をかけられたんです。

俺が振り返ると、声をかけてきたのは、その5人組の1人。

その子は、過去に仕事をご一緒した事があり顔見知りだったんですな。

その子が何を思ったのか、「あ!いい事を思いついちゃった」と
まるで「じっちゃんの名にかけて!」と金田一少年が
見栄を切るくらいの勢いで、自分のアイデアを披露しはじめました。

「あたさんの会社の人を紹介してもらおうよ。合コンをセッティングしてください」

えー。

それほど親しくもないのに、いきなり何を頼みますかと思いましたけど

合コンを開催すれば、非モテの俺にも
彼女が出来るチャンスがあるじゃないですか。

その5人組が来る事になるんでしょうけど
みなさんそれなりに可愛い子たちですし、
上手く行けば俺にもチャンスが。ぐへへ。


俺「良いですよ。後で声を社内の人間にかけておきますね」

女「本当ですか?ありがとうございますー」

俺「そちらは5人ですよね?じゃ俺も4人に声をかけますね」

女「え?4人?」

俺「えぇ。俺を入れて、ちょうど5人だし」










あたさんは、また次回ということで











今、さりげなく俺は合コンリストラされませんでしたか?












俺「そ、そうですよねー。イ、イケメンさんを揃えておきますね。ハハハ」

女「ありがとうございます。急な頼みでごめんなさい」

俺「いえいえ。ちっとも」

女「よろしくお願いしますねー。イケメンの人がいいですから」

俺「そうですかー。じゃイケメン揃えておきますね」

決してコノヤロウと思っても、口には出せない小心者です。
合コン当日、俺は彼女らの要求通りにイケメンを5人揃えておきました。
そのせいか合コンは激しく燃え上がり、かなり盛り上がったようです。

くぅぅ。

それから一ヶ月くらいして、その女の子にまた会いましてね。


女「先日はありがとうございました」

俺「いえいえ。何かの役に立てれば。あ、ちなみに次回はいつですかね?」

女「あ、ごめんなさい。あれから色々あって、全員彼氏出来たから、次回はもうないんですー・・・」


今日も非モテなあたさんでした。
[PR]
# by atasakura | 2008-09-23 20:31 | 珍体験

オフ会やります

久しぶりにオフ会をやろうと思います。

見ている人も少ないと思いますので、参加者がいるかわかりませんが・・・。

とりあえず10月4日(土)あたりを予定しています。

場所は新宿で、まったりと飲み会でも。

参加希望の人は下記アドレスまでメールください。

aibon_angel@hotmail.com

コメント欄に書いていただいてもかまいません。

よろしくですー。
[PR]
# by atasakura | 2008-09-19 20:38 | 雑記

何が起きたんだろう

ここ1~2ヶ月は自分の生活のなかで激動の時間でした。

個人話ですが、仕事でも私生活でも辛い事が立て続けに起きて、
立ち直れなくなる寸前まで追い詰められたのは人生で初めてでした。

今はそれを乗り切ったとは言い切れませんが、問題もほとんど片付いてきて
かなり落ち着いてきたし、楽な状態になりつつあるのは確かです。
ただ、なんというか・・・この2ヶ月ばかりは、
自分の信念というか考え方を変えさせてしまうほど色々な事が起きすぎた期間でした。

これを完全に乗り越えた時に、さらに精神的に強くなれるでしょう。

日記の続きも書かないといけないのですが、そんな状態なので
なかなか続きを書く事が出来なくて見てくれてる人たちには申し訳ないです。

さて、気のせいか、どこかでヤギが鳴く声が聞こえてきます。

この辺でヤギ飼ってる家があるのか・・・(大家さん)
[PR]
# by atasakura | 2008-09-15 01:48 | 雑記
こんにちは。

それでは前回の日記の続きです。

とりあえず簡単なあらすじ。
K田さんから、謎の箱を渡されて、それを届けるバイトを引き受けたが、
1度だけなら覗いてもいいと言われて、
箱の中身が気になり蓋を開けてしまった。
覗いていいのは1度だけと言われたけども、果たして・・・。

俺は恐るおそる箱の蓋を開けて、中を覗いた。

「・・・何もない?」

覗いた箱の中には何も入っていませんでした。
何やらどろりとした黒っぽい染み出た液体のようなものが
箱の底に少し見えるだけで、他には何も入ってなかったんですよ。

俺は思い切り慌てましたよ。
預かり物なのに、中には何も入ってない。
もしかしてどこかで無くしたのかと思いましたが、
箱も今まで一度も開けてませんでしたし、それはありえない。
もしかしたら、あの液体のようなものが、固形化されていて
暑さとか何かで溶けちゃったのかとかそんな事を想像しました。

とりあえずK田さんに連絡を取らなくちゃと箱をしまい、
慌てて電話するも繋がらない。
※この当時はあまり普及はしていませんでしたが、携帯は存在してました

「この肝心な時に・・・」

とりあえず自分を落ち着けると、
箱の中身について思い返してみたんです。
最初から中には何も入ってなかったんじゃないかと思いましたが
明らかに箱だけと比べると重みが全然違うので、それはありえませんでした。

まるで消えるように忽然と箱の中身は姿を消してしまったんです。

中を見てないから、本当に中が存在していたのかは確認が取れないけどね。

「さて、どうしようか・・・中身がないのに届けようもないし、素直に説明した方がいいんだろうか」

独り言を呟きながら俺は蓋を閉じて、箱を包みました。
箱の中身は僅かな黒い液体のみで、他には何もないし
渡された時より、重みが全然変わってしまっているわけなんです。

「まいったなぁ・・・」

俺は頭を抱えながら、箱を手に持って移動しようとした時に異変はおきた。
その箱をK田さんに渡された時と同じ重さに戻ってるんですよ。
別に計ったわけじゃないから、
まったく同じ重さかどうかなんて分かるはずもないけど
明らかに蓋をあけて中身を確認した時に比べるとだいぶ重くなってる。

(あれ・・・なんだろう・・・)

不思議に思い、俺は再び箱を手から離すと包みを外し蓋に手を掛けた。
その時に唐突にK田さんの言葉が脳裏をよぎる。

見 て い い の は 一 度 だ け だ 。

箱に掛けた手が蓋を開ける事を躊躇する。
だけど、中身を確認しない事には、急に重くなった原因が分からない。

俺が迷い、躊躇していると「ぬちゅ・・・・」と箱から音が聞こえた。

「な、なんだよ。今の音・・・」

耳を澄ますが、同じ音は聞こえない。
箱の外側を見ても、液体はもう漏れておらず乾いている。

中を見てみたい衝動に駆られる。
中身がない箱から聞こえた音の正体はなんなのか。

見たい。たまらなく見たい。
自分の中で命取りとも思える好奇心がうずきだす。
その好奇心で何度も痛い目にあっているのに我ながら懲りない男だと思う。

必死で好奇心を抑えながら、俺は箱を手に抱えて、歩き出した。

余計な好奇心で、痛い目に合うのはもうたくさんだしね。
それなりに時間も過ぎたし、そのまま届け先の家に向かう。
俺が玄関で呼び鈴を押すと、1人の男性が現れた。

俺「あの・・・K田さんに運びを頼まれたあたちゃんです」

男性「あぁ、君がそうなのか。そうか、彼に代わりを頼まれたのか、うん。そうか。ならば大丈夫だろう」

その男性は自分に問いかけ、何かを納得したかのようにうなずいている。

男性「この炎天下の中、荷物をわざわざ届けてくれたんだ。上がってお茶でもどうだい?」

何やら予想外の展開に戸惑いながらも、
K田さんの知り合いだし、機嫌を損ねたくない。
俺は素直にお言葉に甘える事にして、男性の自宅へとあがった。

男性「そうそう。その箱の中は見たのかい?」

俺「いえ。見てません」

男性「へぇ。そうなんだ」

俺は咄嗟に嘘を付いた。
1度は見てもいいと言われてはいたが、見たと答えたら、怪しげな品ならば
ここでこの人に何かをされてもおかしくないかもしれないしな。嘘も方便だ。

俺は応接間に案内されると、ソファに座るように促される。
お茶を勧められて、取り留めのない話を10分くらいしただろうか。
男性が急に声色を変えて、俺にある質問をしたのだ。

男性「この箱の中身だけど、気にならなかったかい?」

俺「え?まぁ・・・気にはなりましたけど」

男性「だけど、見なかったんだろう?」

俺「・・・はい」

男性「見てみたいとは思わないかい?ある日、こんな怪しげな品を渡されたら、見てみたくなるだろう?」

俺「だけど、届け物を勝手に見るわけにもいかないですし」

何か試されているのだろうか、矢継ぎ早に質問が来る。

男性「言われなかったかい?1度だけなら見てもいいと」

俺「言われました」

男性「でも、見なかった?」

俺「もちろんです」

すると、彼は満足したのか、急に満面の笑顔になり、ソファに深く腰掛ける。

男性「この箱はね。少し特別な箱なんだよ。特別なね」

俺「そうらしいですね」

男性「特別な箱だけに、誰でも運べるものではないんだ」

俺「はぁ」

男性「この箱を運んだ人間はだから1度だけ見る権利が与えられる」

俺「なんだか不思議な話ですね」

男性「特別と言っても、魔法の箱とかじゃないけどね」

男性は口元に笑みを浮かべながら答える。
心なしか、その笑みは何やら人に不快感を与えるものだった。

男性「あ、そうだ。箱の中身が気になると言ってたよね?」

俺「はい」

男性「ならば見せてあげるよ。1度だけなら大丈夫なんだから」

まずい。話が変な方向になってきた。
俺はすでに1度見ているし、もう1度見たら・・・死ぬとかK田さん言ってたけど。

俺「いや、いいですよ。遠慮しておきます」

男性「どうしてだい?1度だけなら見られるんだ。これで帰るのは心残りだろう?」

彼の笑顔がますます不気味に見える。

俺「いや、でも・・・」

男性「君が運んできたんだ。1度だけなら問題ない。見ていないんだろう?」

俺「え・・はい・・・」

今さら見たとかもう言える空気じゃない。

男性「だったら見ていけばいい。それとも・・・君は見たのかい?いや、見てないと言ったから見てないんだろう。君は嘘を平気で付くような人間じゃないよね?K田さんがよこした人間なんだから」

ますます追い詰められていく。
こいつは、すべてを知っていて、俺をいたぶっているんじゃないだろうか。

男性「大丈夫。1度だけなら死にはしないから。ね?」

そういうと彼は箱の蓋に手をかけ、おもむろに蓋を開いた。

次回に続く―
[PR]
# by atasakura | 2008-08-15 19:12 | 奇妙なアルバイト

奇妙なアルバイト体験記

こんにちは。

それでは久しぶりの日記です。

今日は夏ということもあり、ちょっと怖いお話。
その手の話が苦手な人はスルーしちゃってください。

あれは今から数年前の事でした。

俺の日記を読んでくれてる人なら知ってると思いますが
俺の知り合いにK田さんという経歴不詳の謎の人物がいました。
K田さんは俺に不可思議なバイトを紹介してくれたり、謎の人脈をお持ちだったり
理解しずらい部分が多い人でしたが、俺に頼みたい事があると唐突に言ってきたのです。

少し渋い表情をした俺に気付いたのか、K田さんが言う。

K田「そんな嫌そうな顔するなよ。ちゃんと謝礼だすしさ」

俺「でも、K田さんの頼みはろくな目に遭わないじゃないですか」

K田「考えすぎだって。楽しい思いもしてるだろ?」

確かにK田さんからの依頼は、普通に生活していれば
経験できないような体験ができるものが非常に多い。
そういう意味では非常に楽しいが、ろくな目にあわなかったりする。

命の危険やら、社会的に致命傷を喰らいそうなものから、単に笑えるものだったりと様々だ。

俺「どうせやる羽目になるんでしょ?」

K田「なんだよ。嫌ならいいんだぜ?ただし、この間に壊した車の弁償を・・・」

俺「・・・わかりましたよ。やればいいんでしょ。やれば」

過去に俺が彼の依頼を引き受けた際に、壊してしまった車の話を持ち出す。

K田「やっぱり話が早いね。義理堅いやつは」

それを世間では脅しという事に早く気付いてくれ。
内心でそんな事を思いながら、どんな事をやらされるんだと緊張がとまらない。

俺「ちなみに何をやるんですか?」

K田「簡単な事だよ。荷物を知り合いに届けて欲しいんだ」

俺「え?それだけ?」

K田「そうだよ。簡単だろ?」

ウ ソ ダ 。

この人が俺に頼みごとをしてくる時は、ろくな依頼じゃないはず。
その運ぶ荷物がまともじゃないか、危険があるかに決まってる。

俺「その荷物の中身はなんですか?違法性のある品とかですか?」

K田「そんなわけないだろ。俺は犯罪者じゃないんだぜ」

軽く肩をすくめながら、K田さんが答える。

K田「ただし・・・中身は教えられないけどな」

俺「どうしてですか?」

K田「そりゃ、お前。プライバシーってやつだよ」

にやにやと笑みを浮かべながら、楽しそうに言い放つ。
違法性がないとしても、どうせろくなもんじゃないんだろうな。

K田「あ、そうそう。中身は決してみるな・・・とは言わない。
1度だけなら見てもいい。ただし、2度は見ちゃ駄目だ」

俺「え?見ていいんですか?」

K田「あぁ。1度だけならな」

俺「へー。でも、1度見たら、2度見る必要ないじゃないですか」

俺が答えると、K田さんは口元に笑みを浮かべながら答える。
心なしか、その笑みは、ちょっと不気味な感じがした。

K田「そうかな?1度見たら、2度目が見たくなるんだよ。ソイツはな」

俺はK田さんの話に頭をひねった。
見ちゃいけないといわれるのなら分かるけど、1度だけなら見てもいいとはなんとも不思議な話。
1度見たら、何回見ようが変わるものじゃない気がするんだけど。

俺「なんで1度だけなんですか?呪われるとかそんな話ですか?」

俺が笑いながら、K田さんに問いかけると、真顔でこう答えた。

K田「呪われたりするわけないだろ。そんな非現実的な話はないよ」

俺「ですよねぇ」

K田「単に死ぬだけだよ」

俺「へ?」

自分で言うのもあれだが、間抜けな声が出た。
な、なんとおっしゃいましたか。アナタ。
死ぬとか言いませんでしたか?

ていうか、やっぱり違法性があるんじゃねーか。
                  ・ ・ ・
K田「冗談だよ。冗談。単なる嗜好品さ」

あんたが言うと冗談に聞こえないんですけど。
俺はそう呟くと、差し出された荷物を受け取り、
受け渡し先の住所と連絡先を聞いて、そのまま届け先に向かう事にした。

届け先は、都内某所の住宅街の一角にある普通の一軒屋だった。
特に怪しげな雰囲気もないし、怖そうな人が出てくる家でもない。

インターホンを押すと、住人らしき女性が現れた。

俺「すいません。あたーんと申します。K田さんより、
こちらに届けるように言われた品をお持ちしたのですが、F島様はご在宅でしょうか?」

女性「F島なら外出中です。大変申し訳ありませんが、1時間後に出直していただけますか?その品は、私がお預かりするわけにはいかない品物ですので」

俺「・・・それでは、また改めます」

気になる。中の品物はなんだろうか。
身内らしい人なのに預ける事すら出来ない品物とはなんだろう。

1度だけは見てもいいと言ってたしな・・・・

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。

悩むぜ。

ちなみに、この荷物は見た目は20cm四方くらいの桐の箱を
風呂敷で包んであるのだが、持つとそれなりに重さがあり、中はまったく想像もつかない。

俺は近場にある喫茶店に入り、F島さんとやらの帰りを待つ事にした。
本当に1時間で帰宅するんだろうか・・・延々と待たされたら、たまらない。

俺は注文を済ませると、テーブルの上に荷物をおき、暇つぶしの小説を読み始めた。
すると、何やら異様な臭いがするので、目を上げると、置いた荷物から何かが染み出している。
風呂敷が濡れていて、やや黒味のある水のようなものがテーブルの上に広がっていく。

俺「な、なんだこれ・・・」

俺は、ティッシュで慌てて、テーブルの上に広がった黒い水のようなものを噴いた。
異臭がするが、そんな事は言ってられない。
俺は荷物を手に取ると、会計を済ませて、そのまま店を出た。

怪しげな液体がこぼれだした箱を目にして、ますます中身が気になりだす。

もしかして、中身が壊れて何かが出たのだろうか。

それとも・・・。

俺「中を見てみるしかねーよな」

俺は近くにある神社に赴くと、その境内で風呂敷の包みを解いた。

桐の箱を縛る紐を解き、箱の上側にある蓋に手をかける。

ごくり・・と唾を飲み込む音が聞こえる。

俺「い、いいよな。開けちゃって・・・」

一回は見てもいいと言われたし、もう引き返せない。
高まる緊張感を抑えて、俺は蓋に手をかけると、そのまま持ち上げ、中を覗いた。

次回に続く。
[PR]
# by atasakura | 2008-07-31 15:49 | 奇妙なアルバイト