元探偵が日常をだらだらとテーマに沿って書き綴る。旅行記になるのか、体験記になるのか、それはこれからの秘密だ。


by atasakura

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

久しぶりの探偵物語②

こんにちは。

それでは前回の続きです。

俺の家に人を呼ぶのは想定外のため、
仕事に関する資料が部屋にはたくさんあった。
それらを見せるわけには行かないので慌てて、
部屋の中のものを片付ける。

俺「どうぞ」

さくら「へー。意外と片付いてるんだね」

俺「あまりその辺に触らないでね」

さくら「どうしてぇ?変なものでも隠してるのぉ?」

俺「違うよ。仕事道具とかあるから」

さくら「ふぅん。お店以外でどんなお仕事してるの?」

俺「適当に」

さくら「え?さくらバカだから、そんな風に言われてもわかんない」

俺「適当に想像しておいてよ。あまり話すつもりにならないし」

さくら「どうしてー?悪い事でもしてるの?」

俺「違うけど」

さくら「ならいいじゃん。聞かせて。ね?」

俺「人には言いたくない事もあるしね。普通にサラリーマンみたいな事してるよ」

さくら「そ。ま、いいか」

それだけ言うと、ぺたんとその場に座り込んで俺の方を見上げた。

さくら「お茶とか出してよ。さくらはお客さんだよ」

お前が着たいと言ったんだろうがという言葉を
口の中でかろうじて飲み込むとキッチンへ向かう。
面倒な人を連れてきてしまったと後悔する気持ちが浮かんでくる。

俺「あのさ、これ飲んだら、帰って・・」

俺がドアを開けながら、そう言うと、部屋の中にさくらがいない。

俺「あれ。どこ行った?」

さくら「わっ!」

俺が部屋の中心あたりに来た時に、急に隣の部屋からでて来て大声で叫ぶ。

俺「なんだよっ」

さくら「へへー。おどろいた?」

どうやら単に俺を脅かしたかっただけらしい。くそ。

俺「お茶飲んだら、早く帰ってよ」

さくら「えー。ヤダー。暇してるんなら遊ぼうよ」

俺「やだよ。明日も仕事あるし」

さくら「もう遅い時間なのに、女の子を1人で帰すわけ?」

めんどくさい女だと内心呟きながら、適当に返事をする。

俺「ならば送っていくから」

さくら「えー。いいよ。ここに泊まらせてよ。変な事しないでしょ?」

俺「はっ?」

駄目だ。まともに話していると調子が狂う。
俺はもう適当に相手をして、時間が来たら帰ってもらう事にした。
家に泊まられた日には、後で何を請求されるか分からないからな。

俺はこの時、まださくらの目的に気付いていなかった・・・。

この後に2人で、どれくらいの時間を話したのかよく覚えていない。
なぜなら気が付いた時には、俺は寝ていたらしく、意識が途切れている。
途中で、やたらと眠くなったのだけは覚えてはいるのだが。

時計を見ると、時間はすでに深夜3時を回っていた。
部屋の中にはさくらはおらず、どうやら帰ってしまったらしい。
ドアが閉められていたが施錠されていなかったからだ。
俺が寝たから、飽きて帰ったのだろうと思っていたのだが
ある事実が発覚したのは次の日の朝だった。

俺が調査中の報告書を依頼人に渡すため、荷物を準備していた時だった。

隣の部屋の机の上において置いた、報告書がなくなっていたのだ。
録画したビデオテープや、写真のネガまですべて無くなっていた。

置き場所を間違えたかと部屋中を探したのにどこにもない。

俺「無い。どこにもない」

俺が置き場所を間違えるはずもなく、
無くなるとしたら、さくらが盗んだとしか考えられない。
さくらの連絡先を知らない俺は、バイト先の店長に電話をかける。

俺「すいません。あたちゃんですけど、さくらさんに至急連絡取りたいんですけど・・」

店長「どうしたの急に?さくらさんなら昨日付けで退職したけど。」

俺「えっ?」

店長「急に夜中に連絡がきてね。辞めさせて欲しいって」

俺「連絡先だけでいいですから」

店長「それがねぇ。知らないのよ」

俺「ど、どうして?」

店長「履歴書を、まだもらってなかったのよ」

俺「普通は面接後に預かるでしょう?」

店長「一度は預かったんだけど、履歴書に不備があるから訂正して出す直しますって、最初に預かったのを返したのよ」

バイトに来たのは偶然じゃなくて、最初から俺に近づいて
とある案件の調査物をすべて処分するのが目的だった事にようやく気付いた。

俺「やられた・・・・最初から、そのつもりだったのか」

次回に続く。
[PR]
by atasakura | 2007-11-30 14:13 | 探偵物語

取り急ぎ

以前に書いたような書いてないような・・

女結婚詐欺師ですが、そろそろ勝負をかけてきそうです。

きっちりと証拠を抑えて、ぐうの音も言えない状態にして
被害者たちの分のお金を取り返してこようと思います。

後で許可が降りたら、レポート書きます。
[PR]
by atasakura | 2007-11-29 22:27 | 珍体験

久しぶりの探偵物語①

こんにちは。

それでは本日の日記です。

あれは今から数年前の事でした。
探偵業を営みながら、休みの夜はBarで
バイトをする日々が続いておりました。
別に収入が少なくて、Barでバイトをしていたわけではありません。
単に人と普通に接する仕事もしてみたいと
思っただけだったんですけどね。

バイトをして、半年くらいが過ぎた頃に、
1人の女の子がバイトで入ってきたんです。
その子の名前は『さくら』という名前で、
見た目がやや童顔で非常に可愛い子でした。
それほどバイトが大勢いた職場ではありませんでしたが、
バイト仲間にも客にもすぐに受け入れられて人気者になっておりました。

俺は可愛いなとは思いましたが、
根っからの非モテ根性のため興味が湧きません。

非モテを相手してくれるわけありませんし、
探偵業の傍らのバイトですから
特に親しい人を作らないように注意をしていたからでもありました。

さくらがバイト先に入ってきて、1週間が過ぎた頃に、
バーテンダーとさくらと俺だけのシフトの日がありまして、
仕事を黙々とこなしていた俺に急に話しかけてきたんです。

さくら「ねぇねぇ。あたさんは、他の人とあまり話さないよね。どうして?」

俺「特に理由はないけど」

さくら「ふぅん。さくらと少しお話しようよ」

俺「どうして?」

さくら「お話したいからじゃ駄目?」

俺「・・・・別にいいけど」

俺が許可をしたのが嬉しかったのか、
それからはマシンガントークでした。
相変わらずゆっくりとした舌足らずな話し方ではありましたが
自分の事から、俺への質問など、
話し方とは裏腹にかなりの会話上手な子でした。

だからなぜ俺に話しかけてくるのか不思議でなりませんでしたが
バイト先で必要以上に警戒をするもありませんので、
適当に相手をしてたんです。

そしたら、急にさくらがこんな事を言い出したのです。

さくら「ねぇねぇ。家に遊びに行ってもいい?」

俺「はい?」

さくら「家に行ってもいい?」

俺「いや、急に言われてもさ。家に来ても面白くないよ」

さくら「面白いかどうかはさくらが判断するから。あたさんミステリアスだから、家とか興味ある」

俺「ふうん。来てもつまらないと思うけど」

正直に言うと、俺はこの時に面倒だなと思いました。
当時の俺は諸事情があり、家が3つありましたが、その日は
探偵業をしている時に利用している家のみしか使えない日だったのです。

俺「来るのは構わないけど、また別の日でいいかな?」

さくら「えーっ。やだー。今日がいい。なんで今日は駄目なの?」

俺「えーと・・まぁ、家が散らかってるしさ」

さくら「さくら気にしないよ。」

こんなやりとりが10分ほど続けられたでしょうか。
あまりのしつこさに俺も根負けしまして、家に来る事をOkしたのです。

俺「わかった。いいよ。だけど家の中のものはいじらないでね。仕事で使うんだから」

さくら「他に何か仕事してるの?」

俺「ちょっとね」

さくら「ふぅん。興味あるー」

俺「はいはい・・」


こんな他愛もないバイト先でのやりとり。

これが大事件に繋がるとはこの時は思いもしなかった。
[PR]
by atasakura | 2007-11-27 18:46 | 探偵物語

がんばれ。彼氏たち。

今年も残り1ヶ月とちょっと。

時間が過ぎるのは早いもので、自分に残された時間も
これではあっという間に無くなりそうな予感がしてなりません。

最近はやたらと注射をぶちこまれておりまして
今月は間違いなく人生で経験した注射の回数を超えるくらい打たれてます。
1週間で6回とかありえん。ま、いいんだけど。
注射打たれてくすぐったくて、笑っちゃうんですよね。これM仕様なんだろうか。

そんな風に注射を打たれまくり痛む腕を押さえて出勤していた朝の電車の中の出来事。
俺の目の前にカップルが座っていたのですが、朝からノロケくさいカップルトークをかましてるんですよ。
あー、はいはい、非モテには胸に刺さる会話ですよと思っていたら、雰囲気が一変しました。

彼「その漫画好きなんだね」

彼女「うん。すごく面白くてさ、主人公の○○くんが大好きなの」

彼「へー。その主人公のどこが好きなの?」

彼女「もちろん全部!!」

彼「じゃ俺のことは?」

彼女「えーと・・・優しいとこ?」

彼「漫画のキャラは全部なのに、彼氏の俺は一部分だけなんだ・・」

彼女「・・・・」


背後にいた別のカップルの会話。

彼女「今年のクリスマスプレゼント楽しみだなー」

彼氏「そんなに期待しないでよー」

彼女「どうしてー?」

彼氏「物価とか値上がりして、給料もダメージ受けてるんだからさー」

彼女「違うでしょ。物価が値上がりしてるんだから、プレゼント代も値上がりして、より良い物をくれるんでしょ!」

彼氏「・・・il||li_| ̄|○ il||li」


がんばれ、彼氏たち。
[PR]
by atasakura | 2007-11-26 11:22 | 雑記

病院レポート②

それでは前回の続きです。

朝まで待てと言われて、点滴を打ちながら
地獄の苦しみに悶えて、3時間が過ぎた頃に
ようやく外来がはじまりましたので、そちらに向かう。

外来に来ている患者さんの中で、上着がTシャツ1枚なのは俺だけです。

もはや気温は冬なのに、1人だけTシャツ1枚。
おまけに寝起きだから、髪はぼさぼさ、ひげは剃ってない。
腕には点滴の後と、見た目からして怪しくてたまりません。

痛みを堪えながら、ようやく俺が呼ばれると、診察台で痛み止めの薬を注入され
診断結果が出て、ベットで寝かせてもらう事が出来ました。

それも30分くらいだったけどな。

強力な薬のため痛みが少し引いてきたかと思いきや
受付の人から出た言葉は恐るべき言葉以外のナニモノでもなかった。

受付「お金払ってください」

俺「はい?」

受付「お金をお支払いして欲しいのですが」

どうやら今回の治療費を清算しろという事らしいのだが
真夜中に救急車で運ばれた俺にはそんな手持ちはありません。
財布はありましたが、示された金額は持ち合わせていなかったのです。

俺「あの・・・持ち合わせがないんですが」

あまり病院に行く機会はありませんが
これで次回に支払えばそれで済むはずです。

受付「そうですかー。ならば銀行でおろしてきてください」

俺「は、はいっ!?」

なんと無常にもこの俺に銀行で金をおろしてきて払えというのです。
がんとして支払いを待ってくれない病院の冷たさを感じながら
仕方ないので、病院の外に出たが見知らぬ場所のせいかどこにあるのか分からない。
周りは住宅街で、一向に銀行らしきものが見えやしません。

おまけに11月の朝という寒空の中で、俺はTシャツ1枚にジーパンです。

し、死ねというのですか?

それは痛む身体を抑えて、がくがくと奮えながら、必死で銀行を探しました。

あまりのそんな俺の姿に怪しさを感じたのか
通学途中の女子高生が道を引き返していきました。
見なかった事にしておこう。切ない。

銀行を見つけて、病院に戻り支払いを済ませた時には俺の顔は真っ青。


そのまま緊急入院したのは言うまでもありません。
死ぬかと思った。
[PR]
by atasakura | 2007-11-20 21:37 | 雑記

父との会話

おはようございます。

女結婚詐欺師の魔力にころりと落ちてしまいそうなあたちゃんです、ども!

俺が入院したのを知るや、すぐにかけつけてきました。恐るべし。
こちらが連絡したからというのもありますが、涙をこぼすあたりプロですな。
ありゃ、やばいわ。知ってるからこそ対応できるけども、
そうじゃなければ俺も落ちてしまいそうです。

静かに涙をこぼすんですよねぇ・・「良かった」とそっと呟きながら。
他にも色々なテクを使っておりました。勉強になる。


俺がそんな事をしても気持ち悪いだけですけどね。ははは。

それはともかく本日の日記。
病院に運ばれた日記は、続きはなしで。
ほぼ見てる人には口頭で話してしまったからというのが本音ですが。

俺の家族は、海外に行くのが好きで
昔は海外に行くなんてなかったのに、急に目覚めてしまったんですよね。
そのせいか、マニアックな国に渡航する事が多いようで、話を聞くと楽しいです。

あれはだいぶ前に実家に電話をしてみたら、珍しく父が出ましてね。
俺が最近は元気にしてるかいなんて話をしてみたわけですよ。

俺「最近はどう?楽しい事あった?」

父「最近ねぇ・・・・あまりないんだよなぁ」

俺「そうなの?仕事は?」

父「仕事は楽しいさ。だけどこう・・・もうちょっとびっくりするような事がないと」

俺「そろそろ平穏に生きようよ」

父「ヤ。」

どこぞの女子高生みたいな反応すんじゃねぇ。

思わず飲んでた茶を吹きそうになったじゃねーか。

俺「楽しい事はないんだ?」

父「う~ん・・・そういえばあった」

俺「何?」






















父「父さん、呪いをかけられた




俺「は、はい??」

父「呪いをかけられたらしいんだよねー」

俺「な、なんで?」

父「同業者に妬まれたらしくて」

俺「どうして分かったの?」

父「いや、相手がネットでその事を書いてた。ハハハ。ネットは便利だね」


さらっと、すごい事を言うな、オヤジ。

相変わらず良く分からなくて面白い人だ。

俺「呪いとか信じてるわけ?」

父「あれば面白いけどね。とりあえずどうなるか楽しみだから、今からドキドキしてるの」

そんな会話をしたのが今から数年前。

いまだにピンピンしてる父が実家にいます。
[PR]
by atasakura | 2007-11-19 14:35 | 雑記

病院レポート①

こんにちわ。

みなさまご心配をおかけしました。
病院からはすでに出まして、自宅に帰還しました。
仕事にも今日から出ているわけですが、完治したわけではなくて
あとどれくらいかかるのかは分かりませんが、
通院と痛み止めを常用する状態が当分は続きそうです。
検査もまたあるんですけどねー。

今も日記を書きながら、ビンビンと痛んでおります。

それでは病院レポートでも。

平日の深夜。

寝ていたのですが、急に目が覚めまして
目が覚めた途端に、全身数ヶ所にとてつもない激痛が走りました。

「あぉ」とか情けない声を出しちゃいましたからね。

痛みで、体を動かせないなかで、全身を確かめてみるけども
どうやら外傷はないようで、体の内部から発する痛みのようでした。
出社する前に病院へ駆け込もうとしたんだけど、
とてもじゃないけど、朝まで耐える自身がない。
なので、とりあえず救急車を自分で呼んでみたのです。

「もしもし。どうしました?」←確かこんなだった。

「な、なんか全身が痛いんですけど」

こんな風なやりとりが交わされ、住所を教えた所で
今から向かわせますと電話口で対応してくれた人が言いました。
少し安堵しながら痛みで薄れそうになる意識を集中させていたら
再び電話がかかってきて、外に出る準備をしてくださいと教えてくれました。

保険証と財布を手にして、玄関へとふらふらと歩き、救急車に乗り込む。

Tシャツとジーパンで、しかも寝起きのため髪はボサボサ、ヒゲもじゃですが
痛みの中で、そこまで気を回す余裕もありませんでした。
担架に寝転ぶと隊員の人が病院と無線で話しながら優しく話しかけてくれました。

隊「付き添いの人はいますか!?」

俺「い・・いません」

隊「家族とか友人とか恋人とか呼べる人はいますか?」

俺「恋人いないし、それ以外も1人暮らしだし、近くに住んでる人いないし、呼べません」

隊「・・・・・。」

隊「えー。こちら○○。どうやら付き添いはいないようです。痛み止め使えませんよねぇ」

何やら病院の人と無線で話しているようですが、そんな声が聞こえてきました。

俺「が、我慢しろと・・・?」

1人寂しく生きる非モテはこんな所でも損をするんですね。切ない。

それでもとりあえず病院へと向かおうとした
隊員の方々ですが、なんか様子が変。
朦朧とする意識のハザマで俺の耳に入ってきた言葉はこんな感じでした。

隊1「どうした?」

隊2「なかなか出れないんですよ」

隊1「なんで??」

隊2「バックしたら、ぶつけそうなんですよね」

こんなやりとりが交わされて、
バックと前進を繰り返すが、道路から出られそうにない。
恐らくは、ここまでですでに15分は過ぎてると思うのですが、
いまだに俺の家の前です。

は・・早く俺を病院にぃぃぃ!!!!

隊1「じゃ、誘導するから」

そういうと隊1が車を降りて、誘導をはじめました。

隊1「ばっくー、ばっくー」

隊2「あ」

ガリガリ。

嫌な音と、少しの振動が俺の体に伝わりました。
どうやらバックしすぎで、車を軽くぶつけてしまったようでした。

な、何してるんですか・・・お、俺を早く病院に。

少しの無言の声とともに、
「後で俺が事情を説明しておきますから、早くぅ・・・」と伝える。
俺のか細い声が聞こえたのか、そのまま救急車は発進。
まぁ、俺の住宅に軽くこすっただけなので、見なかった事にしておきます。

その後、病院に到着すると、そのまま担架で運ばれて診察室へ。

エコーやら触診やらを受けて、レントゲン室ではズボンを
全部下ろしてくださいといわれたので脱いだら
「パンツは脱がなくていいですから」と
軽く看護師(♀)に怒られながら、診察を全て終える。

診察室に戻り、症状が判明したのかと思って、
「ど、どんな感じですか・・」と聞いてみたら


「うーん。朝にならないとちゃんと検査できないから、今はなんとも」


えーと、さっきまでのはなんだったんですか?

朝まで残り3時間。死んでしまうかもしれん。

は、早く終わらせてくれ。パタ ←倒れた

次回に続く。
[PR]
by atasakura | 2007-11-12 10:48 | 雑記

病院のベット

夜中に倒れて救急車で運ばれました。
これから正式な検査をするみたいですが、疲れてるのかしら。
日本で救急車に乗ったのは初体験なので記念日記。
今は脂汗かきながら痛みに耐えてます。
日記書いてる場合じゃないぞ。(_´Д`)ノ~~

これが昨日打ったメールの内容です。

病気レポートでも後で書きます。
[PR]
by atasakura | 2007-11-08 22:22 | 雑記

珍探偵あたさん

もう11月が始まりましたね。

そろそろ寒い季節に突入するので
誰かに人肌で身も心も温めて欲しいと感じるあたさんです。

今日は、探偵業ですが、女結婚詐欺師と対決してきます。
モテない男を演じて、ようやくターゲットの詐欺師と接触が出来る事になりました。
黒のスーツを着て、さえない姿で、本日20時に恵比寿駅前に佇んでいる
30くらいの男がいたら、それは間違いなく俺だと思ってください。
今回の敵は手ごわいので、立件まで持ち込める証拠を手に入れるために頑張ってきます。
探偵の小道具として、バックに仕込んだ隠しのCCDカメラとICレコーダーは忘れません。
控えている仲間のために、ピードコも、ちゃんと相手の車に仕掛けてきます。

あ、決して素のままで行っただけじゃん?とか言わないように。
モテない男を演じてるだけですから。うぉーん(泣)

これも片が付いたら、日記に書くかもしれません。

あー。デートしたい。クリスマスが近づくと胸がイテテテ。
[PR]
by atasakura | 2007-11-06 21:27 | 雑記

K田さん事件簿①-7

こんにちわ。

前回の日記の続きです。

「K田さんですか?」

「おー。どしたー?」

相変わらず能天気な声を出しやがる。
俺は死ぬかもしれない恐怖を少しだけ味わったというのに。
なんとも理不尽な感情を胸に抱きながら、そのまま話し続けた。

「今回のゲームなんですけど、降りてもいいですか?」

「んぁー。なんでー?」

どうやら寝起きのようで、少し寝ぼけた声を出している。
俺は手短に今までの出来事をすべて話した。

「へぇ。そんな事が起きたんだ」

「そうなんです。危険があるなんて思わなかったですよ」

「確かにそれは予想外だねぇ」

「でしょ?単なる過去の事件調査程度にしか思ってませんでしたから」

「俺の言う予想外はそういう意味じゃない」

「え?」

そう呟くとK田さんは何か思い当たる事があるのか
沈黙して考え込んでしまったようだった。
受話器の向こうから、「必然性?それとも?そうか・・そうなのか」と
考え事をしている時にそれが口をつく癖が聞こえてくる。

「分かった。それならば降りていいよ。残念だけど」

「あの・・・何かあったんですか?」

「どうして?」

「いや、降りるは降りるんですけど、何か考えてたみたいじゃないですか?」

「ちょっとね。事件の事なんだけど、予想外の方向に進んでしまったもんでね」

「はぁ」

「もう犯人は見つからないよ。きっと。真相は闇の中だ」

「え?今の話のどこからそれが?」

「さっきの話の中で、家の中にいた人の事だけど、たぶんソイツが犯人」

「えぇぇぇぇぇぇ!?」

「なんで分かるんですか?」

「確定事項じゃないけどな。こちらが動いたのに気付いたから、処分しに行ったんだろう」

俺にはK田さんの言ってる事が良く分からなかったけど
とりあえず事件は無かった事として処理をされてしまったらしい。
もう少し詳細を深く突っ込んで聞いても良かったのだが
変に絡んで、やっかいな事になっても困るので辞めておいた。

「1つだけ聞いてもいいですか?」

「なに?」

「冷静に考えれば5人も死ねば大事件ですよね?」

「そうだね。世間一般的には」

「いくら死体が見付からなくても、ニュースにくらいはなりそうなんですけど」

「じゃあさ、世間の定義で言う【死んだ】という言葉が、その5人に当てはまらないとしたら?」

「え?」

「そしたら、それはもう事件じゃないよな」

「死んでないんですか?死んでなくても行方不明にはなってるわけですよね??」

「書類上は正しく、処理されてれば行方不明にもならない」

ますます意味が分からなくなってくる。

「結局は5人は死んでるんですか?生きてるんですか?」

「さぁな・・・死んでるとも言えるし、死んでないとも言える」

「気になるじゃないですか」

「気にしておけ。どちらの言葉も5人には当てはまるのさ」

「意味が分からないですよ」

「それくらいが、ちょうどいい。偽者が本物に摩り替わった。それだけだ。
自分でもう一度考えてみろ。正解が分かったら、例の金をやるよ」

プツッ。

電話切られた・・・。
K田さんが俺に持ちかけた謎の事件の解明はこうして終わりを告げたのである。
5人は死んでいるが、死んでいない。
行方不明だが、社会上の通念では行方不明ではない。
ニセモノがホンモノに摩り替わった。

いくつかの謎の言葉を残して、K田さんは話を終わりにした。
俺に宿題として、ヒントだけ与えたのか、それとも終わりにされたのか。
いまだによく分からないけども、この案件から1年後にK田さんは失踪をした。

彼の謎の失踪は、また違う事件を引き起こすのだが
それはもっと後の話。

K田さんの事件簿②に続く ←こちらは、またいずれ。
[PR]
by atasakura | 2007-11-05 12:20 | 探偵物語